スキル習得時間をミニマルにする方法

jikan
みなさん、今、習得したいスキルや学んでいることはありますか?
私は英語を勉強しているのですが、だんだんコツをつかんできたので、
それを例に紹介できればと思います。

ちなみに、10000時間の法則って知っていますか?

“天才”に生まれ変わる「10000時間の法則」
https://matome.naver.jp/odai/2135372857393394401

ばっくりいうと
何かの分野で秀でた能力を身につけるには
だいたい10000時間はかかるというもので、
10000時間を9時間で割るとおおよそ3年はかかるというものです。
[ad#co-1]

==========
早速、少し話はそれるのですが、
10000時間の法則はこちらの本にも載っていて、

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

お金を多く稼げる人とそうでない人の違いは希少性。

10000時間かければ、
だいたい100人に1人ぐらいの人材にはなれて、
さらに他の分野に10000時間かければ、
100×100の10000人に一人の人材になれる。

自分にあったタイプ別に、どうしたら自分の希少価値を高める=レアカード化できるだろうか
みなたいな内容が書いてあり、これからなにかを始めるときにはオススメです。
==========
話は戻って、ただ、
10000時間やれっていわれても、
何から始めていいかわかんないし、
効率の良し悪しもあるんじゃね?

って思いますよね?

そこでオススメしたいのが、

このTEDの動画。
「一人前になるには1万時間必要」は誤りだった!
たった20時間で新たなスキルを身につけられる4つのコツ
http://logmi.jp/12933

言葉の定義や
1万時間の法則との矛盾ぽい内容はとりあえず置いておいて、

こちらで紹介しているポイントのうちこの2つがとても重要だと感じました。

1=スキルを小さく分解して練習する
2=まずは、間違いを自己修正できるレベルを目指す

[ad#co-1]

======
例えば、
漠然と「英語」を勉強するのではなく、
リスニング、リーディング、スピーキングとわけて、
さらにリスニングにも
音を聞き取る能力と、聞き取った音を意味として理解する能力
ではまた別になります。
それらと単語、文法、読解力がどのように絡んでくるのかを
理解できれば、何から勉強を始めれば良いのか?自分には何が足りないのかがわかります。
(ゴルフのドリルとかもこれに近いですよね。)
細分化を容易にするのは、一度全体像を知れると良いです。
なので、単語帳とか文法の本を手にするより先に、下記みたない本で全体像を把握すると細分化し易いです。

細分化できたら、それを一つ一つひたすらこなします。
ただ参考書をこなすよりは、何を目的としているかが明確なので身につきやすいと思います。

それを試験やプレゼンで試してみて、ダメなところがあれば修正します。

ただ、点数が低かった、意思疎通ができなかった。ではなく、
音としては聞き取れたが、意味が理解できなかった→文章の意味を早く理解できるトレーニングをしよう
と自己修正できるようになります。

どんなスポーツでも試合とは別に「練習」があって
スキルを細分化している場合が多いが、
いまいちどのスキルをアップさせようとしているのかの認識が薄くなりがちで能力が身につきずらく、
さらになぜできないのか?への意識も薄くなります。

スキルの細分化ができていれば、なぜできないのかの原因もわかりやすく
自己修正できるようになります。
=======
これってPDCAを回すとか(Plan(計画)→ Do(実行) → Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すこと)
大きな目標に対しての道筋をたてて今何ができるかを考える
みたいな結構一般的なことだとも感じました。

結局、ある程度成功している人は
あらゆることに(仕事はもちろん、スポーツ、勉強、人生設計に恋愛までも)
このような考え方をしていて、

個人のもともとの能力や、求めるスキルによっても違うだろうし、
10000時間かかろうが、20時間だろうが、大した問題ではなく、

とにかく
目標を立て、そこまでの必要なことを細分化して、ひとつひとつコツコツ続ける
ってことでしかないし、それが最短になるんだろうなと思いました。

おまけ..
そのコツコツ続けるのが大変なんだよって人には、
こちらを参考に、ミニマリストと集中力。