完全無欠コーヒーを1ヶ月、試してみて。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-12-29-45

以前の記事で紹介した完全無欠コーヒー
1ヶ月試してみたのでレビューをしてみる。

総じていい感じ。

まず、進めて行く上で変更したのは
家で飲んで行くのではなく、
タンブラーに入れて会社で飲むことにした。
家で飲んで行くと、昼前にお腹が空いてしまっていたので、
会社で仕事をしながらゆっくり飲むようにしたら、午前中に空腹感を感じることは
ほとんどなくなった。

私は、結構お腹が空きやすく
お腹が空くとあんまり集中できなくなる
燃費の悪い体質だったので、朝食を食べないというのは厳しいと思っていたが、
苦もなく続けられて驚いている。
[ad#co-1]

体重に関しては、
もともと、太っているというわけではないので、
劇的に下がったということはないが、

1.5kgぐらい落ちて、
若干お腹周りの脂肪も減ったかなと言う印象。

完全無欠コーヒーのいいところとして、
朝食をコーヒーだけにするので、
15〜18時間、何も食べない時間を作る『プチファスティング』の効果を得られる。

カラダが軽い感じとか
肌荒れがしづらくなってるのも感じている。

使っていた材料は
バターは
グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター
から
フランス ポワトゥーシャラン産 セーブル(Sevre) AOC 無塩バター
に。

オイルは
日清 MCTオイル
から
仙台勝山館 MCTオイル 360g <ココナッツベース100%>

に変えている。

大きな理由はないが、
条件にあうもので、こちらのほうが安く手に入ったから。
ここで2つ合わせてセットで買えて送料もお得で便利。

 

コーヒーに関しては引き続き、こちらを。

インスタントをやめてドリップにしようかと思ったが、
コーヒーメーカー持ってないし、
ハンドドリップで二杯分のコーヒーをトボトボって
やっぱり面倒くさいと思い、こちらを継続している。
洗い物も減るし、続けれている要素として、これは大きいかも。

=====
個人的に一番のメリットに感じた部分は
朝食について考えなくてよくなったこと。

ジョブズやザッカーバーグがいつも同じ服を着ていたのは、
「ミニマリストと集中力。」でも紹介したが、
余計な選択肢/迷いを減らして、それに割くウィルパワー(=前記事参照)を
プライオリティの高いのもに割り当てるため。
[ad#co-1]

私の場合、以前は朝ごはんに対して、
家で食べるか、外でたべるか?
何を食べるか?
食材がたりているか?
とか考えて
たまに食材が足りない、
時間がなくて作れなくなったとかもあり、

細かいけど、
考える事、ストレスになることが多かった。

それが、
朝は完全無欠コーヒーを飲むだけと決め手しまうと、
結構なウィルパワーを節約できている感覚があった。

すべての食事を楽しむ必要がないというわけではなくて、
3食のうちの1食を効率良く手を抜く。
その分、他の食事を楽しめばいい。

そして、ルーティンの中に、
カラダに良いものを取り入れられるのは
良いことだと思った。

もともと毎朝、普通のコーヒーは飲みたくて飲んでいたし、
最初は完全無欠コーヒーを作る作業は面倒だったが、
もう慣れて、全く手間に感じない。

特に意識せずに、健康になっていく。

逆に、
特に意識せずに毎日コンビニのサンドイッチとオレンジジュースを続けていたら、
不健康になっていく可能性はある。

あまりかわらない労力(ウィルパワーの消費)なのに、
健康になっていくのと、不健康になっていくの。

どちらが、良いかは考える余地もない。

完全無欠コーヒーが絶対一番いい!
ってことではなくて、

3食のうち1食を
自分のライフスタイルにあった、
ファスティング効果の得られる物に置き換えるのは
とても簡単で、有効だと感じた。

完全無欠コーヒーのデメリットとしては、おしっこが近くなった。。。
先日も試験中に手を上げてトイレに行くはめに、、、泣
どうしたもんかな〜