ミニマリスト的、服を増やさない方法、失敗しない服の選び方。

enhanced-buzz-26652-1412872622-8
私自身、着ない服は持っていないし、

 

服はたくさんあるはずなのに、着る服がない!
なんてことはほとんどない。

 

洋服に関して、必要なアイテムを必要なだけ持つことは
そんなに難しいことではないと思っていた。

 

しかし、私のまわりにも、
買ったはいいものの、ほとんど着ていない服がある。
どんどん服が増えてコーディネートがうまくいかなくなる。
という人がいるようだ。

 

そこで、私が洋服選び対して実践していることを紹介してみることにした。

ポイントは4点、
1=ハンガーの数で洋服を管理する。
2=服を買いに行くときは、合わせたい服を着ていく。
3=自分のサイズをちゃんと知る。
4=買うときはどこに着ていくかを考える。

詳しくは、

[ad#co-1]

 

1=ハンガーの数で洋服を管理する。

私は下着、Tシャツ以外はハンガーに掛けている。
パンツ(ズボンの方)もパンツハンガーで。
基本ハンガーを買い足すこともしないので、
洋服を買ったら、何かを捨てないと収納できないので、
洋服が増えることはない。
(※クリーニング出して、ハンガーももらってくる
なんてことはしないように!)

 

新しく洋服を買うというよりかは、
シャツを「更新」する、パンツを「更新」するという感覚に近い。

 

2=服を買いに行くときは、合わせたい服を着ていく。

基本的には今までのアイテムの「更新」という考え方になるから、
更新したいアイテムを含めた全身のコーディネートして買い物に行き、買いたいアイテムを選ぶ。
そうすれば、試着した時にその服が自分のラインナップに合う服かどうかわかる。

 

あと、洋服屋に行くと店員さんに話しかけられてウザい。
という人も多いみたいだが、
私の場合はある程度欲しい服が決まっているので、
店に入って、こんな感じの服ってありますか?
て聞いてお店の人に探してもらうことも多い。(迷惑なのかな、、?)

 

これは結構メリットも多く、
・当然、店の中を歩き回って探す手間も省ける。
・夏に夏のアイテムを買う場合などは、シーズンが少し遅くなっていて店頭に並んでいないこともある。しかし、ある程度、具体的にリクエストするとバックヤードから
出してくれることも結構ある。
・合わせたい服を来てきているから、店員さんもイメージが湧きやすいのか的確なアドバイスをしてくれやすい。

 

3=自分のサイズを知る。

洋服選びでサイズ/シルエットはかなり重要!

 

前はよくあったのですが、お店で服を探して、
これかっこいい!!欲しい!!!
ってなって試着すると、許容範囲かなと思う程度に微妙に小さい。。。
普段着ているMだし、微妙に小さいだけだし、良いものを見つけた高揚感で
つい、買ってしまう。
試着のときは短時間で直立しているだけなので気が付きにくいが、
購入後何回か着て、かがんだり、手を伸ばしたりすると
さらに小さく感じて、
着心地が悪く、シルエット的に無理があったりと
どんどん着なくなってくる。
(さらにたちが悪いのが、見た目は気に入っているので、
なかなか手放せない。。。)

 

他にも、
今もっているパンツより細いシルエットが欲しいと思い
お店で何種類も試着して比べて、その中で細いシルエットのパンツを買ったのだが、
家に持ち帰り比べると、持っていたパンツの方が細かった。
ということも少なくない。

 

そんな時にも参考になるのが、自分が着ていったいつもきている服だ。
店頭の商品に肩幅、袖の長さ、パンツの太さなどは表記はほとんどないが、
自分が着ていった同じような服と比べれば、サイズの違いがわかり
サイズ選びのミスは減る。

 

試着室だけで感じた「感覚」は結構ミスしがちなことを覚えておいて欲しい。

 

逆に昔は、ネットで服を買うなんて、試着もできないし無理と思ってたのだが、
ZOZOはかなり細かくサイズが掲載されており、
さらに過去、自分が購入した服の履歴が表示されサイズの比較ができる。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-12-40-51
今着ている服はゆとりがあるから2cm短いだけなら大丈夫だな。
今着ている服がギリギリだからこれ以上短いと無理だな。
といった検討ができる。
(サイズ表記だけをみても、今まで買った服はX-LARGE/MEDIUM/50と
全然参考にならない。。)

 

たくさん、店を回ったらから買わないともったいないとか、
良いものに出会えた高揚感、店員のプレッシャーもないので、
最近はZOZOで購入した方が失敗率は少なくなってきている。

 

4=買うときはどこに着ていくかを考える。

私が服を買うときは大体、
今週末レストランに食事に行く用事あるから、それ用に服を買おう。
サーフィンに行く時の服が、傷んできたから新しいの買おう。

 

ということが、ほとんどだ。

 

ウィンドウショッピングしながら、
ただかっこ良くて一目惚れした。って買うことはほとんどない。

 

目的/着ていく場所(どんな人に会うか)ありきの服選びが基本だ。

 

だから、どこに着ていくかイメージのわかない服は買わないし、
数年に1度程度しかないシチュエーション用の服は買わない。
(頻度とは別の視点で、プライオリティが高い場合があり、
それは一度しか着ない覚悟で買うことはある。
海外のリゾート系に旅行するように買ったシャツとかは、売るか捨てる等ですぐ手放す。)

 

目的/着ていく場所の頻度の多い割合に対して
ハンガー(=ラインナップ)の割合を振り分けていけばいい。

 

どこに着ていくか=ライフスタイル
になるはずだから必然的にその人のライフスタイルにあった服になり、
ある程度まとまったトーンになり、コーディネートに困るということもすくない。

 

着ていく場所ありきで服を購入するので、
TPOにあわない服にはならない。

 

逆に、
カジュアルな服が好きだからと言って、そのジャンルの服しかなく
フォーマルな環境ふさわしい服がない。なんてこともない。
ミニマリストなので、同じ服でどこでも行く!
っていうのもわからくなくもないのですが、
フォーマルな場においては
いつもきているクタクタなジャケットに、黄ばんだボタンダウンシャツより、
きれいなシルエットのジャケットに、真っ白なシワ一つないシャツのほうが
絶対にかっこいいと思う。

 

だから、
TPOにあわせていると洋服が増えてしょうがないって人は正解だと思う。
(もちろん、最小公約数的にいろんなシーンにきれる服を探す努力は必要だとは思うが。)
ただ、そういった人は、行く場所を絞る=ライフスタイルを見直すか
ミニマリストに向いていない気がするので、目指さないという選択肢もあると思う。[ad#co-1]top画像
https://www.buzzfeed.com/morganshanahan/minimalist-hacks-to-maximize-your-life?sub=3471555_3984875&utm_term=.voXB2R26Br#.wb24R1Rz42