気に入ったノートがなかったから作ってきた。

1
ノートって使ってます?
スマートフォンやタブレットが便利になってきて
やっぱりノートの需要って減ってそう。

ミニマリストならなおさら、それらを使って物を減らせよ、
ってことになりそうだが、

それでもやっぱり手書きのノートって、まだ手放せない。

ペンに関しては以前も紹介したフリクションボール4を使っているのだが、
ノートに関してはずっとロディアを使っていた。

そこまで、不自由はなかったのだが、
フリクションって結構インクの色が薄くて
ロディアの濃い方眼の線と相性が悪い。。。
※上が今回製作したノート
※下がロディア
IMG_7943

書いた文字が若干見ずらい。。

以前はマルマン ニーモシネを使っていたこともあるのだが、(結構おすすめ)

方眼が片面にしかないのが特徴なのだが、
それが逆に使いづらい。
意図は理解できるのだが、やっぱりちょっともったいないし、
見開きで使用したいときもあるし。

無印のも近いのだが、ドットタイプが逆にうるさく見えて。

いろいろ探していたのだが、
ドンピシャなのがなくてロディアに落ち着いていた。

ちなみに、
私がノートに求める条件としては、
[ad#co-1]

・方眼
字が綺麗な方ではないので、線がないとぐちゃぐちゃになってしまうので。
横の罫線だと、図とか書くときに不自由に感じてしまう。
あとは、こんな本もでてるぐらい、方眼はおすすめ。

・リングノート
テープで閉じたノートだと見開きで使用しないといけないので、スペースをとる。
リングノートなら折り返して片面で使用できるので。
書いたものはストックしておきたいので、メモパッドタイプもNG。

・表紙がハードカバーではないが固め
ハードカバーだと曲がらないので、親指で押さえながらペラペラってできない。
しかし、固めでないと雑にカバンに入れてしまったときなど、折れてしまったり。

・黒系のデザイン
好みの部分が多いいが、
一応、仕事でも使用するので、POPなデザインはちょっと。

・紙質もそれなりに
そこまでシビアに気にしているわけではないが、
にじみや、裏移りしすぎるのはNG…

ってなってくると、なかなか見つからなくて。。。

と思っていたら、オリジナルでノートを作成してくれるお店を見つけたので
作ってきた。
[ad#co-1]

サイズ、表表紙、裏表紙、中身、ゴムバンド等を選んで作成できる。

詳細は下記より。

『HININE NOTE』
「代々木上原のノート」は、仕事にマンネリを感じている人に薦めたい

で、製作したのは、
表は曲がるがコシがあって丈夫そうな紙。
IMG_7939

裏はかなり固い紙。
IMG_7940

表を持てばペラペラめくることもできるし、
裏を使えば、机がないところでも使える!
なかなか嬉しい仕様にできた!

サイズは
B5,B6,B7から選べるのだが、
B5だと大きすぎて、B6だと小さい。
A5サイズがあればよかったのだが、
ないかったのでB5サイズをベースに変形サイズにカットした
ちょっと贅沢な仕様に。

これで2,000円ぐらいするのだが、
次回からは中身のノートだけを変えることができるので、
コスパは良いかも?しれない。

ノートってみんなそれぞれ違う使い方がって
求める要素が違うのだと思う。

だから、市販のものではなく、
オリジナルで作れれば、自分のお気に入りのものに出会えるかもしれない。

物が減るのも嬉しいが、
お気に入りで長く使えそうなものを見つけられたときも
またうれしい。