情報収集のミニマリスト化

02c12160-s

優れたコミュニケーションやスキルアップに関して
あらためて情報収集は大事だと感じ、思うことがあったので、
ミニマリストの思考でまとめてみた。

高城剛氏は情報収集についてにこう言っている。

パッと見てパッと判断できるようになるには、
脳を鍛えて、勘を研ぎ澄ませていくしかありません。
そこで重要になるのが「情報のダイエット」をして身軽になることです。
テレビやウェブの情報には、必ず何らかの周辺情報がついてきます。
それをいちいちインプットしていたら、
何が本当に大切かを見抜く感性すら鈍くなってしまう。
テレビやウェブを捨てて情報を制限すれば、自然に勘が鋭くなり、
判断の瞬発力も高まります。

FACEBOOK、TWITTERなどのタイムライン、キュレーションサイト、
くだらないTV番組。
確かに、情報があふれているのは実感している。

私も一時期、見習ってSNSやTVなどから距離を置き
情報収集を制限していた時期もあった。
(本やニュースを見ない言い訳でもあるかもしれないが、、、)
そうすると、ただ単に世間との距離ができるだけの
知識のない人になっているように感じていた。
それでは一般的なビジネスマンとしてはNGだと思う。

一般の人にとって
情報を得るにはインターネットは有効だし、
たくさんの情報を得ることは必要だと考える。

(ただ、数回会っただけでFBを交換したひとの近況や、
芸能ニュースなどは確かに不必要にも感じるので、
その部分の情報は削除していくべきだと思う。)

高城氏は、本や雑誌など多くを読み、
優れた交友関係や仕事上の経験、世界中を飛び回りながら得る知識から
成せる情報ダイエットであって、
一般の人がそのまま真似をしていいものではない気がした。

段階としては、

[ad#co-1]

1=とにかく情報取集の網を広げる

2=情報を処理する能力を高める
・読む速さをあげる。
・様々な媒体から情報収集をする。

3=その中から有益な情報源を見つける
・読んで終わりにしないで、実際にトライしてみる
・正しい情報かを見極める能力を養う。

4=有益な情報源のみに絞る。

このようになり、この途中段階を飛ばしては、
4はうまくできないはずだ。

情報源はある程度の期間で更新したほうが良いので、
これの繰り返していくのが良いように感じた。

網を広げるのに簡単な方法は
メディアなどではなく、
自分の好きな人、興味のある人からSNS等で情報をあつめ
さらにその人の情報収集方法を真似る。
例えば、IT系、ビジネス系であれば
かなりの量を情報収集のしていることで有名なホリエモンは

・smart news
・LINE NEWS
・Gunosy
・Newspics
・Antenna
・twitter

[ad#co-1]

などのスマホアプリでほとんどの情報収集が行われ
下記の人のメルマガを購読しているそうだ。

井戸 実
大川弘一
夏野剛
中島聡
岩崎夏海
藤沢数希
高城剛
上杉隆
イソログ
津田大介
勝間和代
勝谷誠彦

(高城氏はBBCとニューヨークタイムズ。あとは書籍と雑誌。)

もし、あまり積極的に情報収集をしていない人だったら
これを真似するだけで、かなりの量の情報が手に入るはずだ。

さらにここから、
彼らが発信している内容を自分なりに調べていくと、
多くの場合、各ジャンルの専門家など、
有名人ではなくても優れた情報を発信している人を見つけることができる。

テレビやニュースメディアなどをダラダラ見ていても
なかなか見つけられない情報が多く、
彼らのブログやSNSからタイムリーな情報が手に入れらるようになる。

最近、私はこのあたりに有益な情報が多いように感じている。

また、ホリエモンも言っていることだが、
目を通しただけと、実際に体験したのでは大きな違いがある。

実際に興味がわいたサービスやイベント、手法などは実際に体験することで
アイデアも沸いてくるし、
その情報源の質や自分にあっているかが判断できるようになると感じる。

そうやって情報収集の『質』を上げていく必要がある。

====
少し話がそれるが、
最近、私はオーディオブックというサービスを知り、
興味が湧いたので、実際にためしてみた。

amazonでも展開しているようなのだが、
今のところ、FeBeというサービスのほうが種類が豊富だったので、
こちらを試してみた。

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

シンプルに考える

満員電車で本やスマホをだせない場合、
車の運転中、歩きながらも
本を読める(聴ける)のでとても便利に感じている。
(ただ、聞くほうに結構集中してしまうので、
運転中、歩きながらは結構危険かもしれない。。。)

なんとなく、想像できるとは思うが
実際試してみると、なかなか新鮮な体験だ。

ただ、まだまだ種類が少ないので今後増えていって欲しい。
====

もう一つ情報収集に関して、大事なことはその情報を疑うことだ。
今の世の中、政治的なニュースや健康論などは特に
事実がねじ曲がった情報、間違った情報が本当に多い。
一度それらの情報に関して疑い、反対の意見や違った見解についても調べて欲しい。
さらその上で、どちらが正しいか、自分なりに検証する必要があると考える。

・一度、情報源を広げて、その上で取捨選択する。
・情報を得るだけでなく、実際にトライしてみる。
・得た情報に関して、疑い、反対意見も調べて、自分なりに検証する。

それのようにして、膨大な情報から本当に必要な情報のみを取り入れていくのが、
ミニマリスト的な情報収集だと感じた。