消費をもう少し深く考える。

140612whattodo1-thumb-1280x720-76081-1

ミニマリストとは基本的には必要最低限のもので
生活している人のことを指すと思うので、
必然的に物を買う機会は減ってくると考えている。
買う際にもとても慎重に選ぶようになっているはずだ。

その際、どのような判断基準で購入していますか?

ほんとに自分に必要なものか?
長く使えるものか?
他の類似製品より優れているか?

実際、自分も物を買う際、
今まで以上に長い時間がかかるようになり、
結果、身の回りには必要なモノが、
必要な量だけ置かれるようになってきた。

ただ、最近それだけでは、
足りないと思うようになってきた。

[ad#co-1]

話は変わるが、
ここ最近で、安保法案が可決されて、
TPP交渉が大筋合意された。

私は政治にはかなり疎い方なので
それらが、いいことなのか、悪いことなのか
正直、判断がつかない。

自分たちより、もっともっと頭のいい人達が、
日本がより良くなるために考えたことなのだから、
従った方が良いはずだ。
と思っていた。

しかし、最近、そうではなく、
政治家やお偉いさんは
いろいろな理由から(多くは自分達の利益のため)、
日本が良くなることを目的としないで動いているように
思うようになってきた。

マスメディアは必要な情報を流さず、
https://collegino.jp/2015/04/media-how-to-handle/

利益優先で添加物がたくさん入った食品がでまわっている。
http://saiko-kosodate.com/gourmet/854/

日本はかなりやばい状態になっているのでは
ひしひしと感じている。

しかし、だからと言って自分ができることって何なのだろう?
と思っていた。

[ad#co-1]

自分なりにいろいろ調べ、考えてみたら、

それが、もしからミニマリストでいることなのではないかと思った。

しっかりとした情報収集をして、本質を見抜く。
そして、消費する物をしっかりと選ぶことは
ミニマリストの得意分野ではないかと思った。

必要な情報を提供できないメディアは見なければいいし、
不必要なものが入ったモノは買わなければよい。

必要なことを流さないけど、何も考えずに知った気になってしまうTV番組をみて、
安くて便利だといって、添加物がたくさん入った食品を買っていたら
需要は成り立つので、企業はそれを供給する。

自分たちが、悪い社会を作っていることになってしまう。

必要な情報を求める努力をして、正しい消費をして
悪いものはしっかりと淘汰されるような社会にする。

そしたら日本にも不必要なモノがなくなり、
必要なモノだけが残る手助けになると思った。

TOP PHOTO
http://www.lifehacker.jp/2014/06/140613whattodo.html